婚活サイトでもいい!結婚は勢いだ!!

真田丸で全国区になりました、上田に住むこと54年。上田のトトロこと滝沢美里と申します!ふられた勢いで結婚したのは23歳のとき。周囲に3年も持たないんじゃねぇ?なんて陰口をたたかれ続けながら、気がつけば31年。今年の9月で32年目に突入です。主人とは同じ職場。そう・・・職場結婚というやつです。某家電メーカーの修理課の受付嬢?に就業した際、知り合いました。

当時私にはお米屋さんの彼氏がいました。大好きで大好きで、今のように携帯なんてこじゃれたものがなかったんで、毎日手紙書いて送っていました。毎日固定電話から電話していました。もう、ほとんど恋愛中毒状態。しかしながら、大人?なお米やサン彼氏は放置三昧。今にして思えば、これだけやられたら、うざいわ!!って思うんですが・・・あの頃は若くて、幼かった。はたちそこで恋愛経験のなかった小娘に恋の駆け引きなんて高等な技、とうていかけることなんて出来るわけもなく・・・・とある日のデートで「冷めた。距離をおいてくれ。」と言われ、失恋したと大ショック。失恋で神経性胃炎患って、人生で最初で最後の「激やせ」経験をしました。

職場はださい男のたまり場みたいな所だったのですが・・・・不細工でも?唯一の紅一点。チョンガー男達は、失恋女子に優しい。そんな中で ぐんを抜いていたのが、我がだんな。まず、つけていたコロンが別れたお米屋さん彼氏と一緒。モー香りで恋しいハートがキュンキュンでした。しかも聞き上手(今にして言えば単なる聞き流し上手なだけであることが判明。まさしく恋は盲目)しかも、だんなも同じ職場の違う課の彼女と破局したばかりという、いわば、同じ穴の狢。

失恋の痛手を慰めあっているうちに・・・・と、まぁ~ここまではよくあるパターンといえばパターン。お米屋さん彼氏と別れて?半年位、だったでしょうか、
珍しく、お米屋さん彼氏から連絡が・・・・もちろん、大好きだったわけですから、気持ちが大揺れ・・・・戻れるものならもどりたぃ~~心境。で、旦那に連絡きたから会いに行くって言ったわけです。旦那の返事が「戻るなよ。俺は、お前を信じて待ってるから」って・・・・これ言われてもどれますか?思いつつ、お米屋さん彼氏に会いました。

案の定、お米屋さん彼氏は言いました。「もう一度はじめない?」正直、戻ったらどうなるんだろうって気持ちありました。迷いましたが・・・・
「はじめても、また、寂しい思いしそうだから・・・いい思い出だけで終わらせる」って、かなりカッコつけて別れました。でも、その夜はさすがに気持ちが落ち込んで、旦那に連絡せずにいました。翌日会社に行って・・・・怒って口も利かない旦那。夜通し電話を待っていたと後で聞いて、あっ・・・そりゃ、怒るわねって・・・笑

お米屋さん彼氏の時は私の方が大好きすぎて、いつも彼のそばにいたくて、それを彼が受け止めてくれなかったのが、辛かった。相手の気持ちと私の気持ちのバランスが良くなかった。旦那はそのバランスを取るのがたぶんとてもうまかったんだ思います。私自身が無理せず、自分の気持ちに正直でいられた。旦那が10歳年上で、33歳当時の適齢期としては少し遅かったせいもあって、気がつけば、お互い結婚を意識していたって感じでした。

私の両親も9歳の年の差婚。旦那が結婚の申し込みに挨拶に来た時、年の差婚の苦労を知っていた母は、少々躊躇しているようだったが、父親が「ご縁ですから」の一言で快諾し、交際からわずか1年半ほどで結婚しました。結婚が決まったとたん、私はもともとの太りやすい体質が復活。みるみる膨らみだして危うくウエディングドレスのファスナーがしまらなくなりそうになるほど、健康も回復しました。子供も3人。長女、次女 10年離れて長男と3人に恵まれました。

結婚して30年も過ぎると、さすがにけんかも多くなります。離婚だ!!別居だ!!って吼えることもしばし・・・だけど、そう言いながらもいまだに夫婦を続けているのは、たぶん 私と旦那の気持ちのバランスがお付き合い当初からいいからなんだと思っています。娘達も適齢期になりました。次女は結婚に失敗してシングルだけど、長女にも失敗してもいいから結婚は人生で経験しておいたほうがいいって言っています。次女は失敗はしたものの結婚はしたいようで、なまじっか失敗してるだけに知り合いにばれないよう婚活サイトに登録したようです。【婚活サイト バレない

そんな子供たちに私からのアドバイスは・・・「結婚は勢い」ということでしょうか(笑)

離島で働く薬剤師さんを尊敬すべき!!

市民は離島で働く薬剤師を尊敬すべき!?調剤業界の実態…

皆さんは、調剤の仕事について、どのようなイメージを持っていますか?
「大変そう…」「給料が安そう」「衛生面に問題がありそう…」「人のおむつ交換なんで嫌だ!」
などなど、周りの人に聞いてみても、少しも良いイメージの言葉が出てきません。

そこで、私が何年か、特別養護老人ホームで管理栄養士として働いていた時に、思ったことをご紹介したいと思います。

まず一つ目に、働いている人たちは、調剤の仕事に誇りをもっているということ。
まれに、施設における高齢者虐待のニュースがあったりしますが、それはごく一部のことであって、
大多数の人たちは、高齢者に愛情をもって、真剣に、まじめに、優しく調剤をしています。

なぜ愛情をもって、認知症や、身体に障害のある高齢者の調剤ができるのか。
それは、毎日のように顔を合わせ、高齢者の生活に密着することで、
家族のような親近感が沸くからです。
入居者が救急車で運ばれたり、亡くなったりしてしまった場合、心から悲しむことが多いのです。
人生の最期を、「自分の人生は幸せだった」と思ってもらえるようにしたい。
そう話す薬剤師は少なくありません。なんと素晴らしい仕事なのでしょう。

ご家族については、自宅での調剤が困難で、なくなく老人ホームへの入居を選んだ場合、
頻繁に面会にいらっしゃいます。
そういったご家族は、薬剤師に毎回感謝の意を表していました。
調剤の大変さや、大切さを身に染みて感じているからではないでしょうか。

高齢者は、今の日本を築き上げてきた人たちと言っても過言ではないと思います。
認知症であれ、半身まひであれ、人は人、人生の大先輩です。
そんな人たちを相手に仕事をしているのですから、学ぶことも多々あります。
毎年終戦記念日が近づくと、戦争の話をしてくれます。
こういった人たちと身近に触れ合える、薬剤師の人たちが、逆に羨ましく思いませんか。

とはいえ、入浴や排泄の調剤は過酷なものです。
ましてや夜勤なんていうものもあります。腰痛の危険も常に隣り合わせです。
心身ともに、高齢者調剤に捧げてくれている薬剤師の皆さんに、
少しでも尊敬の目が向けられること、少しでも待遇が良くなり、
人手不足が緩和されることを祈っています。
また、志高い薬剤師の方は是非、離島を目指してください。
離島の求人を探すなら、このサイトがおすすめです。
⇒ 薬剤師求人離島|ダイビングがしたくて沖縄に移住した私の体験記

40代に入ると、以前のように元気がないと感じることがあります。

疲れ 男性「最近、元気がない」など、40代に入ると以前のように元気がないと感じることがあります。
いつのまにか、気がつくとすぐに寝てしまう。
休日もやる気もなく、疲れ果てている。

それは仕事でも、休日でも、これといった肝心なときに元気が出ないので「もう年齢かな?」と、体力の限界まで感じてしまう始末。
しかし、それはホンネではなく「できるなら以前のような元気を取り戻したい!」「若い頃のように元気になりたい」と思っているのかもしれないです。

アミノ酸は健康によい成分なんですが、実際にはあまりよく知らないことは多いと思います。
アミノ酸は体の約20%を構成する成分で、健康にはなくてはならない成分なんですね。
その中でも、アルギニンはアミノ酸の中でも条件付き必須アミノ酸。
このアミノ酸は、アミノ酸どうしがくっついてタンパク質となり、食べ物を消化、呼吸など私たちの何気ない動作をサポートする成分だといわれています。
もし、このアミノ酸が不足してしまうと、頑張りたいと思っていても、頑張れないなど体に悪影響も出てきたりするわけです。
アミノ酸不足は、体の疲れに深く影響しています。

実はアルギニンは、食べ物にも多く含まれています。
うなぎ、ニンニク、高麗人参など、活力がほしいと思ったときによく食べられている食材に含まれています。

コンビニや自動販売機にもエネジードリンクが販売されていますが、この中にも配合されている成分です。
アルギニンはアミノ酸でも条件付き必須アミノ酸に分類されています。
子どもから大人になるにつれ、体内で生成できるようになっています。
しかし、これは生成できる量としても限られています。それで、外から摂り入れることが必要となります。

アルギニンは、毎日体を使うプロスポーツの選手などが積極的に摂り入れている成分のひとつです。
「ここぞ!」というときに摂取したい、活力サポート成分といってよいでしょう。
一日に必要なアルギニン摂取量は2,000~4,000mgといわれています。
実はアルギニンは非常に苦い成分で、味に影響を与える成分です。
それで、エネギードリンクの配合量には限界があるといわれています。
そのため、普段の食事にサプリメントをプラスすることが、効率的なアルギニン摂取の方法だといえるのです。